アフィリエイトに取り組んでいると、ブログやYouTubeやTwitterなどで日々さまざまな知識に触れることになります。今は無料でも上質な情報が多いですから、ありがたいことではあります。

しかし、日々目にするその情報は本当にあなたが取り入れていいものなのでしょうか?

ノウハウが害になる

「このジャンルはこれから伸びるらしい」
「1記事の文字数は〇〇文字以上書くといいらしい」
「こういうライティングをすると成約率があがるらしい」

さまざまなアフィリエイトに関するノウハウが、日々私たちの目や耳に飛び込んできます。最近ではどれも非常に上質そうな、中には「有料級」の情報も多数あります。

しかし、それらは有益なばかりではありません。害にもなりうるのです。

というのも、あなたがいま実践しているアフィリエイト手法、あるいは戦略、そこにそのノウハウが本当に合致するかどうかはわからないからです。

自分とほぼ同じやり方だと確認できている人の出す情報であれば、その人の情報は有益な可能性が高い。それならどんどん取り入れて実践すればいい。きっと成果につながるでしょう。

しかし、ツイッターから流れてきたり、たまたま行き着いたブログでふと目にした情報、あるいはYouTubeでひょっこり出てきたから見たという動画のノウハウ、それはあなたにとってまったく不要であるか、むしろ有害なものであるかもしれません。いくらいい牛肉だとしても、チーズケーキに入れたら台なしです。

その情報自体がわるいものでなくとも、マッチングの問題で、よくない結果を引き起こすかもしれないのです。

それってペラサイト量産に必要?

私は長らくペラサイト量産をメインとしてやっており、その過程において、いろんな情報を耳にしました。で、その都度取り入れたり取り入れなかったりしたのですが、いま思うと不要なものが多かったと思います。

たとえば、コピーライティング。コピーライティングとは、読み手の感情を動かして購買へと誘うライティング技術のことで、アフィリエイトでは重要とされています。しかし、ペラサイトに関して言えば実はほとんど不要だったと感じています。

というのも、私がやっていたペラサイト手法は最初から購買にかなり近いキーワードを狙って作る手法なので、そんなにライティングで成約へとひっぱる必要はないのです。むしろ、くどくどと余計なことを書いたら離脱率が高まり、よくありません。

ことペラサイト手法に関していうならば、がんばってコピーライティングの本を何冊も読む必要はなかった。むしろ余計なことまで書きすぎてた。そう思います。

さらに、ペラサイトに関しては商品選定の重要性も高くありません。「商品選定が大事」というのはある程度の規模のサイトを作る場合にあてはまるのであって、ペラサイトならどんどん別のものでやっていけばいいだけなので、商品はサクッと調べるだけでいいのです。

いま考えますと、ペラサイト量産において重要なのはキーワード選定が9割。他の部分に時間をかけるのは余計なことだったと思います。

抽象的な言葉にご用心

アフィリエイトに関してしばしば言われることというのがあります。たとえば、

「検索ユーザーの役に立つ情報を提供しよう」
「これからのSEOにはコンテンツの質が大事」
「アフィリエイトで稼ぐのに重要なのはとにかく続けること」

などなど、もはや定型化した言葉たち。

これらはどれも間違いではありませんが、その内実がよくわかりません。たしかにそうだけど、そこから具体的に何を学び取って実践していけばいいのかわかりません。正しいだけに反論もできないし納得してしまいそうになりますが、どうしたらいいかよくわからない。行動に落とし込めないのです。

同じ正論をなんど繰り返し聞いたところで、具体策がともなわなければ意味がありません。大事なのは、なんとなく感心させられることではなく、その言葉の内実です。どういう含みや意図があるのか、という方です。

たとえば「検索ユーザーの役に立つ情報を提供しよう」という言葉であれば、

  • キーワードのタイプ別にどういったことを書けばいいのか
  • 「役に立つ」とは具体的にどういうことか
  • 「役に立つ」やり方にはどんな種類のものがあるか
  • ユーザー属性に応じた場合分け

などといった掘り下げが不可欠です。ここの分析がなければ、それはただの思考停止になってしまうでしょう。

有料情報と無料情報の最大のちがい

これだけさまざまな情報がブログやYouTubeに存在していると、はたして有料の情報商材や塾なんて必要なのかと思ってしまいます。もう、すべての情報は無料で出回っているんじゃないか、とさえ思えてきます。

おそらく、有料の塾や教材で語られる情報・ノウハウというのはほとんどが無料で転がっているでしょう。

では、有料の教材や塾に価値がないかというと、そんなことはありません。

その教材・塾の販売者が持っているプライベートな生データ、つまりその人個人のサイトだったり報酬の推移・内訳。これはお金を払って手に入れるしかないでしょう。あるいは個別のサポート。これは「情報」ではないので、価値があります。ツールやコミュニティもしかり。

けれど、いわゆる情報であっても、たとえ検索すれば出てくるような情報であっても、有料で買う意味があります。なぜなら、有料の教材には「文脈」がしっかりあるから。

文脈。あるいは、流れとか、目次といってもいいかもしれません。有料の教材はまずどういう手法を紹介するかの前提があって、そこから順々に、必要な情報・ノウハウが解説されていきます。位置付けがなされている。これがでかい。というか、ほとんどこれがすべて。極端に言えば、「目次を買ってる」ようなものです。

個々のノウハウはだいたい無料で出ているけど、たいていはバラバラです。記事ごと、動画ごとに、あまり前提は語らずに情報をポツンポツンと孤立した形で出している。それが、有料になるとしっかり統合される。いまや、有料の意味というのは、この統合にしかないのではないか、とすら思います。

まとめ

アフィリエイトの情報収拾に関する注意点を述べてみました。一言でいうなら、「バラバラの断片的な情報には注意せよ」ということです。

そのバラバラの情報というのは、あなたの手法とのマッチングによっては害になるし、余計な行動を誘発してしまうかもしれない。行動に落とし込めない無益なスローガンかもしれない。こういう可能性は大いにあります。

ぜひ、情報を取り入れるときにはご注意を。