Macユーザーがアフィリエイトをやろうとすると、必ずぶつかるのがこの問題です。

Macのパソコンじゃ、シリウスが動かせない!

はて、Macを使いつつ、Windows専用のサイト作成ソフト・シリウスを利用するにはどうすればいいのでしょうか?

MacでWindowsとシリウスを使いたいわけ

Macでもアフィリエイトに取り組むことはできます。WordPressならOSは関係ないし、Macでも使えるサイト作成ソフトはある。

しかし、小規模サイトやペラサイトを作成するとなると、シリウスの優位性は圧倒的です。シリウスなしにサイト作成をやっていくとなると、それは片腕をもがれた状態で敵と戦うに等しい。

では、いっそWindowsに乗り換えちゃったらどうか?

そう考える方もいるでしょうが、MacにはMacのよさがある。たとえば、

  • エディタでテキスト作成すると自動で保存してくれる
  • iPhoneとの連携がスムーズ
  • KeynoteやNumbersなど無料ソフトが充実
  • 動画編集・画像編集に向いている

どれも捨てがたい。

さらにもっと言えば、これでしょう。

Macに親しみすぎて、Windowsをメイン機なんかにできない!

私もそうでした。とにかくもう、Macをベースとして動くしかないのです。

いざWindowsにしても、Mac中毒は治らない

MacでWindows/Siriusを使う方法は2つ

MacでSirius(シリウス)を使うには、WindowsOSをMacマシンで動かすしかありません。で、MacでWindowsを動かす方法には以下の2つがあります。

Boot Camp(ブートキャンプ)とParallels Desktop(パラレルスデスクトップ)

まずはざっくり、それぞれの仕組みを見てみましょう。

両者のイメージ図

Boot CampはMacのマシンのストレージを2つの割って、片方をWindowsにしちゃう、というイメージです。1台のパソコンに仕切りを作って、MacとWinの両方を入れちゃう。

一方、ParallelsはMacOSの中に、アプリの1つとしてWindowsを乗っける感じ。そう、「分割」ではなく「乗っける」というイメージです。

では、詳しくご紹介しましょう。

1)Boot Camp

”Boot Camp”でマシン内を検索すれば出てくる

Boot Campとは、Macに最初から入っている、Windowsインストール用のアプリです。

Macのストレージ(HDとかSSDとか)を分割して、「こっちはMac、こっちはWindows」と割り当てて、どっちも利用できるようになります。

以前は私もこれを使っていました。インストールは超たいへんでしたが、いったん入れてしまえばあとの動作はスムーズでしたね。

Boot Campのメリット

  • WindowsOSだけ購入すればいい
  • 動作がすごく早い
  • 再起動でOSの切り替えができる

Boot Campのデメリット

  • MacとWinの同時利用ができない
  • ファイル共有がしにくい
  • インストールが難しいし時間がかかる
利用した感想

以前、2011年式MacBook AirではBoot Campを利用してましたが、サクサク動作してびっくりしました。しばらくこれでサイト作成していました。

ただし、WindowsとMacを切り替えるには再起動の必要があるため、毎日用途に合わせて併用しようとするとストレスになるかも。

2)Parallels Desktop

この奇妙な感じ、わかるだろうか?

こちらはMacOS上でWindowsを動かせる仮想マシン環境ソフト、いわゆるエミュレーターというもの。

Macをふつうに起動し、その上でWindowsをまるで一つのアプリかのように動かすことができます。

Macのデスクトップ上にWindows画面がひとつのウィンドウとして表示されるのは、なんだか画面上に異空間が出現したようで、たいそう不思議な感じがするものです。

Parallelsのメリット

  • MacとWinが同時に使える
  • デスクトップが完璧に同期される
  • クリップボード共有=両OS間でコピペできる

Parallelsのデメリット

  • 起動時の動作がやや遅い
  • WindowsOSに加えてParallels Desktopも別で購入が必要
利用した感想

現在も2017年式iMacでParallelsを利用し、そこでシリウスやPSW、GRCといったアフィリエイト用ツールをバリバリに使っています。

「Macの上でWindowsを走らせる」ということでスムーズに動作するか不安でしたが、何の問題もありません。むしろ、MacとWinのシームレスな動作状況には下を巻くばかり。OSの壁はParallelsによって完全に崩壊させられました。

特段の理由がなければ、Boot CampよりParallelsがオススメ。

Boot Camp <<<<<< Parallels Desktop

以前にはBoot Campを使っていて、最近はずっとParallels Desktopを使っています。どちらも問題なくMacのマシンでWindowsを動かせて、Siriusも動作するのですが、私としてはParallelsの方がオススメです。

理由は3つ。

  • MacとWinを再起動なしに行き来できる
  • 両OS間をドラッグ&ドロップでファイル移動できる
  • クリップボードが共通なのでコピペしやすい

やはり何と言っても、MacとWindowsをスイスイと移動できるのがいい。Boot Campだと、結局は再起動が面倒なので、どちらか一方ばかり使うことになりがち。

でも、Parallelsならどっちも使える。

「MacのPixelmatorでヘッダー画像を作って、それをシリウスで使おうっと」

なんてことが、何の手間もなくできちゃう。最高。

もし、いま現在MacでどうやってWindowsを動かそうか考えてらっしゃるなら、Parallelsの方をオススメします。

ちなみに、Parallels Desktopを使う場合、

  • Inter Corei5
  • メモリ8GB

くらいのスペックがあれば十分でしょう。MacBookじゃ心もとないけど、Airならいちばん安いやつでもまあイケると思います。

まとめ

生粋のMacユーザーで、MacからWindowsマシンに乗り換えることなんてできない。けど、アフィリエイトする上でシリウスは使いたい。

これ、切実な悩みです。

「シリウスがMacOSに対応してくれたらいいのに!」

私も、いったい何度こう願ったか分かりません。

しかし、解決策は案外簡単。MacにParallels Desktopを入れて、そこでWindowsを動かせばいいのです。何のストレスもなく利用できちゃいます。

ぜひ、ご利用ください。

▲14日間の無料トライアルも利用できます。▲

シリウス特典

当サイトからシリウスを購入していただくと、ペラサイトで稼ぐ方法を動画解説した教材(¥15,000相当)を特典として入手することができます。ぜひどうぞ。

最強のシリウス特典、ついに完成! 清水Airの動画教材を紹介します