「シリウスか、ワードプレス か、それが問題だ」

こんなお悩みを抱えてるアフィリエイト初心者の方はいらっしゃいませんか? どっちがいいのか、それぞれどんな特徴があるのか、まだよくわからないという方もいるでしょう。

この記事ではサイト作成ツールであるシリウスとワードプレスを比較していきます。

シリウスとワードプレスとは?

どちらもサイト作成のためのツールです。が、仕組みや使い勝手などがかなり大幅に違います。まずはそれぞれの特徴をつかんでおきましょう。

シリウス(Sirius)

こちらはWIndowsOSにダウンロードして使うサイト作成ツール、今風にいうとアプリです。

一度オンラインで購入したらパソコンにアイコンが出現し、それをクリックすれば使えるという仕組み。

最初からアフィリエイトサイト作成のために開発されているので、非常にサイト作成がしやすいです。

ワードプレス(WordPress)

こちらはサーバーにインストールして使う、ブログタイプのツールです。

たまにこれをアプリと間違えている方がいますが、「パソコンにダウンロードして使う」というものではありません。契約したサーバーにワードプレスというシステムを導入して、オンラインで使います。

これはアフィリエイトのためだけではなく、収益無関係の個人ブログとか、あるいは企業の公式サイトとか、あらゆる面で広く使われています。

シリウス vs ワードプレス5番勝負

では、どちらがどういう面で優れているのか、比較を5番勝負で行なっていきましょう。

いざ、尋常に……

1本目:ペラサイト(ミニサイト)勝負

1ページのみのペラサイト、もしくは数記事くらいのミニサイト。これだったらどちらがいいか?

これはもう、完全にシリウスです。

まず、シリウスなら小さいサイトをサクサク作れるから。ドメイン取って、サーバーに設置して、あとはデスクトップにあるシリウスでサイトを作り、ポチッとアップロードするだけ。

一方、ワードプレスはどうか?

サーバーでワードプレスをいちいちインストールし、さらにパスワードを決め、テーマやプラグインを入れて、各種設定をしなければなりません。けっこうめんどくさい。

インストール自体はサーバーで簡単にできる(ヘテムルの場合)

さらに、決定的な要因がMySQLというデータベースに関するもの。

ワードプレスをサーバーに入れるときにはMySQLというデータベースを作成しなければならないのですが(やり方はだいたいクリック1つでできるので簡単ですが)、これはサーバーの契約プランによって上限が決まっています。

たとえば私が使ってるヘテムル(heteml)の「プラス」プランだと、データベースの数は100個が上限。つまり、ワードプレスサイトも100がマックス。

ペラサイトで稼ぐなら200や300は序の口ですから、まったく足りません。

一方、シリウスはこのMySQLというものが不要ですので、心配なし。ヘテムルの「プラス」なら作り放題です。

だから、小さいサイトを作るならシリウスの圧勝なのです。

2本目:大規模・更新型サイト勝負

では、50記事とか100記事以上の大規模サイト、あるいは更新型のサイトだったらどうか?

これは逆に、ワードプレスの圧勝です。

シリウスは記事のデータをいちいちパソコンからサーバーにアップロードする必要があるので、記事数が増えてくるとその時間が増加してしまうのです。

ペラサイトなら数秒でできますが、これが50記事とか100記事とかになってくると大変。

一方、ワードプレスは1記事書いたらその分だけ更新すればいいし、そもそもパソコンからアップロードするわけではないので、すぐできます。

なので、大規模サイトとかどんどん更新していくタイプのサイトならワードプレスがいい。

ちなみに、「50記事くらいの予定だけど、どうしよう?」と迷ったら、そのサイトがそのあと記事追加するようなタイプかどうかで考えるといいでしょう。

多少記事数が多くても、作ってあとは放置ならシリウスでもいいし、どんどん新しい記事を入れられるタイプならワードプレス、です。

3本目:デザイン勝負

サイトの見た目はどちらがいいか? どっちがスタイリッシュか?

完全にワードプレスです。

ワードプレスは基本的に見た目がいいし、テーマを変更することでいくらでも自分好みにカスタムできます。色の変更もカンタンです。

見た目がポップでフレンドリーなのもできるし、ちょっとお堅い企業サイトだって作れちゃう。

シリウスはというと基本的なデザインは固定ですので、自由度があまりありません。あと、まあ、ちょっとダサい。

2018年に大幅なアップデートがあってかなりかっこよくなりましたが、それでもワードプレスには負ける。

まあ、10対1で負けていたのが、10対7くらいにはなりましたが。

4本目:使いやすさ勝負

これはもう、シリウスです。

シリウスは「アフィリエイターにとって使いやすくする」というところにフォーカスしていますので、断然使いやすい。操作性がシンプルで、ボタンをポチポチしてるだけでいい感じのサイトが作成できてしまいます。

ボタン配置も機能も決まっている

一方、ワードプレスは面倒なことが多い。

第一に、ワードプレスはテーマ(テンプレート)によって操作性自体が変わってしまうため、いちいち新規のテーマを使うたびに新しくいろんなことを覚えねばなりません。

テーマを変えると左サイドバーの項目自体が変わる

また、CSSの書き換えが必要だったり、プラグインが干渉して不具合が起こったりして、それへの対処もけっこう手間。

というわけで、シリウスの方が使いやすいのです。

5本目:値段勝負

これは、無料で使えるワードプレスが勝利。

しかし、圧勝というわけではありません。

シリウスは上位版が――こっちを選ぶのがマストですが――24,800円でそこそこ高価と思われるかもしれませんが、一回買い切りでずっと何年でも使えますので、コスパはかなりいいです。

昨年、大幅なアップデートもありましたが、それも追加費用なしで利用できます。サポートもずっとアリです。

24,800円というのはアプリの購入費用であると同時に、そのあとのサポートやアップデートも含めた費用だと捉えた方がいい。

一方、ワードプレスは無料で使えますが、実際に使っていくと有料テーマが次から次に欲しくなるので、結局は出費が増えていきます。

私もこれまで3つの有料テーマを購入しており、トータルで3万円くらい使っている。結局はシリウスよりお金がかかっている。

というわけで、シリウスは留保つきでの勝利です。

試合結果

5番勝負の結果はこのようになりました。

シリウス ワードプレス
1本目:ペラサイト(ミニサイト)勝負 ×
2本目:大規模・更新型サイト勝負 ×
3本目:デザイン勝負 ×
4本目:使いやすさ勝負 ×
5本目:値段勝負 ×

僅差でワードプレスの勝利です。

シリウスとワードプレスは両方使うべし

もし「シリウスとワードプレス、どちらかしか選べない」としたら、どっちを選ぶか? これは、ワードプレスです。ワードプレスならミニサイトも作れるし、「ワードプレスにはできないけどシリウスならできる」ということはほとんどありません。

逆に、シリウスだと200記事300記事を入れるのはキツいし、デザインの幅も狭い。

だから、強いてどちらかを選ぶならワードプレスということになりましょう。

しかし、基本的にはどちらも使うべき。アフィリエイトをやるなら、「どっちも」がマスト。

それはもう、料理人が多彩な包丁を用意して使い分けるようなものです。三徳包丁だけですべて対応しようとすれば、無理が出ます。非効率です。

というわけで、状況に応じてシリウスとワードプレス、使い分けるようにしましょう。