私がアフィリエイトを始めたのは今から一年半ほど前、2016年の10月だ。聞かれればそう答えている。「ちゃんと始めたのはいつか」という意味なら、これは嘘ではない。

しかし、正確に言えばアフィリエイトを最初にやってみたのはもっとずっと前である。ずっとずっと、昔のことだ。

はじめてアフィリエイトを知ったとき

文字通りの意味で最初にアフィリエイトをやってみたのは、2005年のことである。おそるべきことに、今から13年も前になる。

私は二十歳にして大学へと入学し、京都府の南の京田辺市というところで学生生活をスタートさせた。同志社大学の文学部哲学科の一回生だった。

そのとき、仕送りと奨学金とで、私は一台のノートパソコンを買った。iBook G4という機種である。当時としては非常に薄くて軽量で、スペックも悪くないパソコンだった。

インターネットは実家にいたときもやっていたが、はじめてブロードバンドで常時接続のネット環境を手にし、私はウキウキしていた。で、思ったのだ。「このパソコンとインターネットで、お金を稼ぎたい」と。

なぜ当時の私が「ネットでお金を稼げる」と思ったのか、どこでそんな知識を得たのか、今となってはわからない。たぶん、ネットサーフィンをする中でふとそんな情報が目に止まったのだろう。とにかく、そのときにアフィリエイトというものを知り、実践してみた。

だが、やり方はてんでお粗末なものだった。

とりあえず無料のブログを立ち上げて、そこで日記を書き、サイドバーにAmazonのリンクを貼って、それでほぼおしまい。Googleアドセンスも一応は取得して貼っていたけど、数ヶ月で発生した金額は500円にも満たなかったと思う。当時からA8.netはあったと思うが、おそらくアカウントの取得すらしなかった。ドメインやサーバーなんていうのは発想すら持ち合わせていなかった。

結局、やったことと言えばブログの更新だけだった。それも、物やサービスを紹介するなんてのとは程遠い、テキストサイト系の日記である。当時すでにブームが去りつつあったテキストサイトの真似事みたいなことをしていた。

ブログをはじめて数ヶ月も経つと、似た感性を持った人々とネット上で知り合い、相互リンクを貼ったりお互いの日記で相手をネタにしてみたりと、そんな交流を持つようになった。いつしかネットで稼ごうなどという考えは背景へ退いていって、やがてサイドバーのリンクも外してしまった。

こうして、2005年、初めてのアフィリエイトへの挑戦は1円も稼げないままに終わってしまったのだった。

なぜ私はアフィリエイトで稼げなかったのか?

私はアフィリエイトをはじめて数ヶ月で諦め、1円も稼げないままやめてしまった。「アフィリエイトは月に5000円も稼げない人がほとんど」などと言われるが、私もまさにそんな失敗者の一人だったわけだ。

その理由はいくらでも挙げられる。教材を買ったりセミナーに行ったりしなかったし、売るための文章というのも書いていなかったし、そもそもアフィリエイト全般のリサーチが足りていなかった。まずもって、アフィリエイトサイトをほとんど見たことがなかった。

しかし、稼げなかった最大の要因は、稼ぐ必要がなかったからだ。

仕送りと奨学金という収入があって、大学ではいろいろな勉強がしたくて、ブログでは面白い文章を書くことに夢中になっていた。敢えて苦労をしてまでネットで稼ぐ必要がなかったのである。だから、稼げなかったのだ。

いまも、アフィリエイトで稼げなくて挫折しそうな人はたくさんいるだろう。でも、その中の何割かは、実は「稼ぐ必要がない人」なのかもしれない。だったら、稼げなくても、別に悲観する必要はない。

仮にいま稼げなかったとしても、挫折してやめたとしても、それで終わりというわけではない。また5年後とか10年後にやる気になって、そこで必要に迫られれば稼げるようになるかもしれない。アフィリエイトに期限はないのだから。

ブログをやっていたことは無駄だったのか

アフィリエイトは早々に挫折したが、ブログの更新自体はそのあとも続けた。開始が2005年なのだが、驚くべきことに、ブログ自体は断続的に今日まで続けているすでに13年間続けているのだ。

ここ一年半より前のものについては1円の収益にもなっていないが、それでも無駄だったとは思っていない。その時々でブログ仲間との繋がりができたし、過去のブログはすべてまだ残っているので、いずれは創作のためのアーカイブとして、あるいは自分の過去を紐解くための参照先となってくれるはずだ(ここが完全放置でも消えない無料ブログサービスの強みである)。

それに、1円にもならないのに10年以上ネットに文章を書いているので、アフィリエイトの作業もさほど苦にならない。何はなくとも、長く続けることだけはできそうだ。おそらく、ネットに文章を書くという行為は死ぬまで続けられるだろう。と言うより、今となっては止める方が断然難しい。

ちなみに、なぜ2016年になってまた急にアフィリエイトを始めたのかと言えば、それは小説家デビューに軽く挫折したからだ。完全な挫折ではないが、自信があった新人賞に落ちたため、「こりゃしばらくダメだろう」と思ったのがきっかけだった。

しかし、これもまた何か理由のある失敗であり、挫折なのかもしれない。中島みゆきの唄をよく思い出す。

「今日は倒れた旅人たちも、生まれ変わって歩き出すよ」

終わりに

2016年10月に本格的にアフィリエイトを初めて、いまは月20万くらい稼げるようになった。しかし、本当の最初にやったときには1円も稼げなかった。これは十中八九、稼ぐ必要がなかったからだ。他にもっと大切なことがたくさんあった。

アフィリエイトで稼げないからといって悲観する必要はまったくないし、一度挫折したとしても、またいずれやればいい。そしたら次は、稼げるかもしれない。