アフィリエイトで多少稼げるようになってくると、心配になってくるのが確定申告だ。税金の支払いである。「お金を稼いだら税金を払わねばならない」。なんとなく知っているが、具体的なことはまるでわからないという場合がほとんだろう。だから不安になる。

そこで、今年はじめて確定申告をした私から、これからの方へやり方をお伝えしたい。初心者だからこそのわかりやすく噛み砕いた解説ができれば、と思う。

確定申告とは?

まず、確定申告とは何かって話だ。これは「前年(1月1日から12月31日まで)の所得を確定し、税務署に申告して税金を払うこと」である。

「私は去年これだけ所得がありました。ほら、この申告書の通りです。なので、これだけ税金をお支払いします」

と、これが確定申告である。

年金やスマホの料金、家賃など、たいていのものはあっちから「払ってください」と言ってくるのだが、こと確定申告に関しては自分から払うのである。自発的にやるものだ。

案外、これをちゃんと理解していない人が多い。サラリーマンの年末調整とごっちゃになってる人もいる。私の母親などは「確定申告って来年の収入を報告することでしょ?」とのたまっていた。いやいや、未来の収入などだれにもわかりはしないぜ、おっかさん。去年の所得を報告するのである。

なお、時期は毎年2月16日から3月15日あたりの一ヶ月間となっている。

そうそう、じゃあだれがこの確定申告をやるのかということだが、基本的には個人事業主だ。サラリーマンは会社がやってくれるので、自分でやる必要はない(だから多くの人は知らないのだ)。

アフィリエイトで確定申告はする必要はあるのか?

問題はここ。アフィリエイトで儲けた場合、確定申告をする必要はあるのか? ハッキリ結論から言うと……

会社員やバイトをしててアフィリエイト所得が20万を超えているとき、または給与がなくアフィリエイト所得が38万円を超えているとき、確定申告する必要がある。

つまり、副業としてやっているなら、アフィリでの儲けが20万を超えたときにする必要が出てくる。もしくは、他の仕事はなく、アフィリエイトだけで38万円を超えたときに必要ということだ。

というわけで、まだちょびちょびとしか発生がなく、年間でも10万ちょっとという場合はしなくていいのだ。私も、アフィリエイトをはじめたのは2016年10月だったが、この年の確定額はたしか1万とか2万。なので、確定申告はしなかった。

開業届を出しておくと、このような書類のセットが一式郵送されてくる。

「収入」と「所得」の違いに注意!

ところで、あなたは「収入」と「所得」の違いをご存知か? 私はつい最近まで知らなかった。だが、確定申告をするためには、この2つの違いは知っておかなくてはならない。

まずはこの式を覚えてほしい。

所得=収入ー経費

つまり、所得というのは、入ってきたお金(収入)から、事業にかかったお金(経費)を引いたものなのである。

たとえばアフィリエイト収入が年間200万円あったとする。でも、パソコンやら教材やらいろいろ買って、経費が60万円かかったとする。そしたら、所得は140万円となる。

所得140万円=収入200万円ー経費60万円

で、大事なポイントなのだが、所得税がかかるのは、文字どおりこの「所得」に対してなのだ。収入ではない。

ここで、頭の回転がはやい方はこう考えただろう。

「ハハ〜ン。ってことは、経費をどんどん増やせば収入が多くても所得が目減りして、払う税金が少なくて済むわけだ」

そう、その通り。だから、アフィリエイトに必要となるお金はジャカスカ使った方が節税になるのである。これは脱税だとか悪いことではなく、だれもがやっている普通のことである。

ただし、課税される所得を減らせるからといって、なんでもかんでも経費にしていいわけではない。アフィリエイトの場合は、考えようによってはほぼ何だって「事業のためだもん!」と言い張って経費にできそうなものだが、やりすぎると税務署に叱られることになる。常識の範囲で判断すべし。

確定申告をしないとどうなる?

さて、ここまででこんなことを考えた方もいらっしゃるのではないだろうか。

「確定申告なんてめんどくせぇよ。自分からお金を払うなんて、やってらんないね。……でも、やらずに放置してたらどうなるの?」

たしかに、自分からお金を払うなんて気が進まない。いろいろとめんどくさそうだし、あっちから催促されるわけでもないし、もう確定申告のことなんて忘れてしまおう。『男はつらいよ』の寅さんだって払ってないじゃないか。そう思う方もいるかもしれない。

けれど、税務署はあなたを見ている!

税務署という組織は、どうやら私たち国民の銀行口座の入金・出金などをチェックしているらしいのだ。たとえば、あなたが確定申告をサボったとして、でも銀行口座には毎月なんと50万円も入金がっ! となると、彼らは「こいつ怪しいぜ」と思い、税務調査というのにやってくる。どんな感じかは「マルサの女」という映画を観てみるといい。

その調査で、所得があるのに確定申告をしていない、つまり納税していないのがバレたら、本来よりもだいぶ重い税金を取られることになる。場合によっては、あなたは脱税の犯人である。

なので、確定申告はサボってはいけないのだ。

控除があるから青色確定申告にすべし

確定申告には、青色申告と白色申告がある。白はすごく簡単で、青色はちょっとめんどくさい方式だ。2つから選べる。

「じゃあ簡単な白で」

と、白色を選びたくなるが、青色にした方がいい。なぜなら、青色申告にすると、65万円の特別控除が得られるからだ。私は断然、こちらをオススメする。

「ク、クウジョって何?」

控除は「こうじょ」と読む。これはつまり、「所得からいくらか引いてあげる」ということだ。65万円の控除ということは、所得が本来200万円あったとしても、135万円にしか課税されなくなるのだ。

「なにその割引クーポンみたいな制度!?」

驚いただろうか。まさにこれは、税金割引クーポンなのである。「きっちり青色申告をしてくれた方に限り、65万円分の控除クーポンをプレゼント!」という、税務署の粋な計らいなのである。

ちなみに、基礎控除38万円というものもあるので、これとの合わせ技でなんと青色申告をすれば103万円が控除される。要は、所得が103万円を超えない限り、所得税など1円も払わんでいいのである。

私の場合もこの基礎控除・青色申告特別控除を使い、あとは経費も引いたから、2017年の課税所得は思ったより全然少なくなり、今日支払ってきた一年分の所得税は、なんとスマホ料金2ヶ月分ほどでしかなかった!

「開業届」と「青色申告承認申請書」を事前に出す

では、どうすれば青色申告できるのかというと、この2つを事前に税務署に出せばいい。

  • 開業届
  • 青色申告承認申請書

開業届はものすごく簡単。住民票を取るより簡単だ。申請書の方もちょっと調べればすぐ書ける。ググってみてほしい。

なお、開業届を出したときのことについては、こちらの記事で書いている。

開業届を出したくて ——横浜市青葉区放浪物語——

1年目の初心者がやっておくべきこと

さて、確定申告がどんなものかは少しわかったけど、じゃあ何をすればいいのだろうか? まだアフィリエイト収入は月に数千円から数万円で、申告が必要になるかもわからない。開業届を出すかどうかも決まってない。

そんなあなたに「これだけはやっておけ!」と言いたいこと、それは……

  1. アフィリエイト関連の口座とプライベートの口座を別にする
  2. 銀行口座とクレジットカードの記録は保存しておく
  3. 経費にできそうな支出のレシートは取っておく

この3つである。これだけやっておけば、あとでどうにでもなる。

まず、アフィリの事業で使う口座、あるいはクレジットカードは、プライベートなものとなるべく別にする。こうすることで、あとあと確定申告前の作業がぐぐっと楽になる。あと、オンラインのものでも紙の通帳でもいいが、とにかく記録は残しておくこと。

それから、パソコン代・塾代・セミナー代・アフィリエイトに関連した懇親会や会議の費用・交通費などは、そのレシートや記録を残しておくこと。オンラインで買ったのなら、履歴やメールが見れればそれでいい。だが、現金払いの場合などは、そのレシートを残しておくこと。これは、レシートをなくすとどうにもならないので注意。

私はファイルにまとめておくことにした。月別に明細やレシートを入れておけば安心。

ちなみに、領収書ではなく、レシートでいい。っていうか、レシートの方がいい。ここはなんだか曖昧に書いてる人が多いのだが、ハッキリ言う。領収書より、レシートの方がいいのだ。キミアキ先生もこう言っている。

なぜならレシートの方が機械で印字されてて信憑性が高いし、日付や品物の名前などいろいろデータが入っているから。だから、レシートを出してくれる店で、いちいち店員に「領収書ください」なんて言わなくていいのである(そう言う人たまにいるんだけど、なぜなんだろうね)。

会計ソフトfreeeを使うべし

口座は事業と個人用で分けた。その取引記録も残してある。レシートもわさわさとたまっている。じゃあ、そのあとはどうするの?

最終的に、確定申告のときには「確定申告書」と「青色申告決算書」という書類をつくる。あと、その前に日々の帳簿というのをつける。

言い直すと、まずふだんから帳簿というのをつけて、最終的にそれを確定申告書と青色申告決算書という書類にまとめるのである。

「じゃあ、大学ノートとかを買ってきて、そこに書き込んでいくの? ででででも、ど、どうやって書けばいいのさ!?」

ふふ、そう慌てることはない。

たしかに、帳簿(ちょうぼ)なんてつけたことないから、軽いパニックを起こす気持ちはわかる。おまけに、青色申告をするなら複式簿記(ふくしきぼき)をつけねばならない。ここへ来るともう目の前が真っ暗になるだろう。

しかし、心配はいらない! すべてはこの、会計ソフトのfreeeがやってくれる!

【会計ソフトfreee(フリー)】

こいつはおそろしく性能のいいソフトで、日々の取引を記録していけば、厄介そうな複式簿記というのも全自動でつけてくれるのである。貸借対照表も、損益計算書も。だから、大学ノートもいらないし、エクセルで自分でやる必要もない。

私も今回このfreeeを使ったのだが、非常に使いやすかった。というか、何かしらの会計ソフトを使わずに青色申告書を作るなんて、私には不可能だ。ほとんどの人がそうだろう。手書きでなんてゼッタイ無理!

このfreeeのすごいところは、銀行口座・クレジットカード・その他いろいろな口座の情報を自動で吸い取ってくれて、それを取引として登録してくれるところだ。これがすんごい。

たとえば三菱東京UFJ銀行のパスワードとかIDを入れる。すると、自動的にその明細をギュイーンと取り込んで、freeeに読み込んでくれるのだ。あとはその出金・入金というのを「これは経費の支払い」「これは売上(収入)」「これはプライベートで使ったやつ」というふうに仕分けしていけばいい。

上で、口座は事業とプライベートでわけるべしと書いたが、freeeでこういう作業をするとき、両者が混同してるとちょっとやりづらいのだ。だから、あらかじめ分けておいた方がいいのである。

悪いことは言わない。今後、確定申告をする人、あるいはその準備をしておきたい人はfreeeを導入しよう。スターターが月980円、スタンダードが1,980円だ。初月は無料である。

なお、freeeは本も出てるし、YouTubeに解説動画もあるし、チャットサポートもある。わからなければすぐ調べるか、質問することができる。ここもいいところだ。

帳簿のつけ方

Freeeを使って、日々の取引をああだこうだと仕分けしていく作業があるわけで、ここについてもいろいろ書いておきたい。勘定科目とは何か、どういうふうに分類すればいいのか、按分の仕方とかいろいろ。

けど、この感じでやっていくと、この記事が恐ろしい長さになりそうな気がしてきた。なので、帳簿とか決算書についてはちょっと別の記事を作成することにしよう。

詳しいことが気になるという方は、あとでこちらの記事もチェックして欲しい。

アフィリエイトの帳簿はこうやる!【勘定科目・経費・按分などがまるっとわかる】

確定申告の具体的なステップ

ハイ、じゃあ帳簿もできたし、確定申告書も決算書もできたということで、話を先へ進めましょう。……えっ、全然できてないって? まあ、それでも参考までに聞いておいてほしい。

書類ができたら、プリントアウトする。それを税務署に提出すればいい。開業届を出しておくと記入用の用紙がわさっと郵送されてくるのだが、これは使わなくていい。freeeが数字とか名前とか住所とかを入れて、ぜんぶ出してくれる。

提出すべき書類はこちら。

  • 確定申告書(計2枚)
  • 青色申告決算書(計4枚)
  • 源泉徴収票(原本)やマイナンバーカードのコピー
  • 各種控除のための書類

これだけである。

確定申告書が必要なのは当然として、青色申告をするなら決算書が必要。これは貸借対照表や損益計算書というものを含むもの。けど、これもfreeeが出してくれる。あと、お勤めをしてた場合は職場の源泉徴収票、それからマイナンバーカードの裏表のコピーがいる。他に、いろんな控除を受ける場合はその書類も。

ここでポイント! 確定申告のときには、レシートも領収書も出さなくていいのである!

ここは私も勘違いしていた。確定申告のときにはレシートとかクレカの明細とか、いろいろ出す必要があると思っていた。けど、出さなくていいのだ。なんだよ、早く言ってくれよ、と言いたい気分である(だれに?)。

よく、個人事業をやってる人とかは、必死でレシートを取っておこうとする。「取っておけ」とアドバイスする人もいる。なので、私はてっきり、確定申告をするときには経費として支払ったときのレシートも税務署に提出するのだと思っていた。

けど、違うのだ。レシートや領収書、明細などは、個人で保管しておけばいい。税務署に出す必要はないのである。

……だが、ここで悪知恵の働く人はこう考えるだろう。

「なに、レシートは出さなくていい? だったら架空の食事代とか塾代とかいろいろ経費として算入して所得税を減らしてやれ!」

もっともな理論である。

たしかに、これはやろうと思えばできる。しかし、こういう行為を何というか? 脱税である。やってはいけないことだ。

さらに、経費が不自然に多かったりすると、税務署が怪しんで税務調査というのにくる。そこで帳簿やレシートや明細を見せてくれと言われる。そんなとき、架空の経費だったら見せようがない。はい、アウト。あなたは脱税の犯人である。

というわけで、レシートなどの提出は必要ないけど、保管だけはしっかりしましょうということである。

いざ、税務署へ!

上記4つの書類をそろえた。マイナンバーカードのコピーと源泉徴収票の原本ものりで貼り付けた。そしたら、管轄の税務署へGO!

ちなみに、提出方法にはいろいろあって、自分で持参して提出する以外にも、専用のボックスにぽいっと入れるだけだったり、郵送だったり、あとはインターネットを利用したe-Taxでの提出なんてこともできる。だが、私は今回初回ということで、実際に税務署まで持参することにした。

事前に調べてみると「確定申告の期間には税務署はすごく混み合う」とかあったのだが、非常にスムーズに提出できた。相談窓口みたいなところには人がそこそこいたようだが、私は颯爽と提出専用のところに行き、すいすいと中まで進んでいくことができた。なんてことはない、ガラガラである。時間は平日の午後1時くらい。この時間なら人は少ないのかも。

受付は6つか7つくらいあり、並ぶこともなく、おばちゃんに書類を見せる。で、ささっといくつかチェックをして、特に不備も指摘されず、そのまま受領される。書類はバラバラなままでいいのかなと不安だったが、裸のままで大丈夫であった。

このとき、控えをもし持っていたら、「もらいましたよ」という印を押してくれるらしい。もしあとあと必要だという人は、ちゃんと控えを持っていって、押してもらおう。私は銀行から融資を受けることもないだろうし、押してもらわなかった。

というわけで、提出自体はあっさりと終了。私は早々に税務署をあとにしたのだった。

節税よりもまずはやり方をマスターすべし

脱税はダメ、ゼッタイ! お兄さんとの約束だ。

けど、節税はいい。どんどんやっていい。できるだけいろんなものを、常識の範囲ないで、合理的に説明できるだけの範囲を経費にしよう。控除もできるだけ活用しよう。ふるさと納税をしてもいい。

アフィリエイターは個人事業主で、税金対策はかなり自由にできる。そこが会社員やフリーターとの大きな違いであり、メリットである。いろいろ工夫するべきである。

だが、そもそも節税の前に、確定申告のやり方を調べて学んでおいが方がいい

個人的な印象だけれど、アフィリエイターは駆け出しであっても最初から節税のことばかり意識しがちな気がする。その前に、まずはやり方を学ばないといけない。簿記のことも、多少は知っておきたい。

まとめ

ずいぶんいろいろ書いてしまった。最後に強調しておきたいのは、確定申告は難しくないということだ。世間では「難しい」「めんどくさい」「わけがわからない」と言われているが、別にそんなことはないのである。ちゃんと調べていけば、全然、なんとかなる。

まだ先々どうなるかわからないという人は、上で書いたように、事業用の口座をプライベートから分けておき、経費になるかもしれないものは明細かレシートを保管しておく。これだけでいい。

というわけで、確定申告のこともある程度理解しておいて、また明日からアフィリエイトの収入アップをめざしましょう。