1月30日、知識共有プラットフォーム「Brain(ブレイン)」がリリースされた。それから今日まで、賛否両論がSNS上で渦巻き、話題になっている。

この記事ではBrainが本質的にどんなサービスなのかをご紹介したあと、この先、どんな運命を辿るのかを予想してみた。

行き着く先は、みながハッピーな天国なのか、それとも、見るも無残な地獄なのか……?

知識共有プラットフォーム・Brain(ブレイン)とは?

Brainとは、個人が自由に知識やスキルを販売できる新たなプラットフォームである。ここではだれもが自由にノウハウやサービスを売ることができる。

つまりは、noteやココナラに似たサービスだ。

しかし、既存のそういったサイトと、Brainは決定的に違う点がある。それは、Brainはアフィリエイトが可能だということ。つまり、販売者ではない、第三者が商品を他の人に紹介・オススメし、報酬を手に入れることが可能なのだ。

noteでは、販売者本人が宣伝するしかなかった。口コミで広まることもあるが、広めた人に直接報酬が支払われるということはなかった。

だが、Brainはそこに、報酬が発生するようになったのだ。

infotop, Kindle, 直販との違い

もう少し、Brainと既存サービスとの違いをお伝えしよう。

infotopより気軽に販売者になれる

Brainはnoteと違い、アフィリエイトできる点が新しいと述べた。が、実はすでに他人の情報商材をアフィリエイトできるプラットフォームは存在している。infotop(インフォトップ)である。

infotopはおそらく情報商材アフィリエイトの中でもっとも有名なASP=アフィリエイト仲介サービスの会社である。ルレアプラス、シリウス、下克上などといった定番商材も数多く扱っている。

しかし、infotopは審査が厳しいことで知られている。とりわけ「稼ぐ系」については個人が商材を販売したくても審査で弾かれてしまう危険があり、そう気軽に情報販売をすることはできない。

一方で、Brainはほぼ審査なしで販売できるようなので、気軽に販売者になれる点が新しい

Kindleより高単価で高報酬

あまり同列に語られることはないが、BrainはAmazonのKindle本に似ている。ビジネスの構造上は、実はnoteよりKindleに近い

個人が自由に情報を販売し、審査がほぼなく、ほとんどリアルタイムで発売できて、アフィリエイトも可能。こうした特徴が両者に共通している(Kindle本はAmazonアソシエイト・プログラムで紹介可能だ)。

だが、Kindleには2つの決定的な弱点がある。それは、単価の安さと紹介料率の低さだ。

個人がKindle本を出版しても、値付けはせいぜい300円程度。いくら有益な情報でも、noteやBrainのように数千円の価格設定をするのは厳しい。加えて、アフィリエイトの紹介料率は8%である。これでは売れても20円、30円の世界である。

一方、Brainなら単価が数千円、報酬の割合も普通に40%とかあるので、仕組みは似てても、もはや別世界なのである。

Brainの未来予測|天国バージョン

ではここから、Brainが今後どうなっていくのかを考えてみよう。まずは希望に満ちた薔薇色の未来から。

1)有益な知識やスキルが世の中に広まっていく

個人が持っていた、いや、持て余していた知識やスキルがBrainによって世の中に一挙に広まっていく。これが第一に期待される未来の姿だ。

だれしも人生の中で有益な情報や経験は持っているはずだ。しかし、それを広める仕組みがないから、まだ貧弱だから、現状、不良在庫として眠っている。それがBrainによって金銭的価値を付与され、広まる。

そうなったらいいですなぁ。

2)いいものをオススメして報酬を得られる

いいものを手に入れたら、利用したら、それを他の人におすすめしたくなるのは人情である。「これはいい!」と思ってだれかに知らせて、「よかったよ! 教えてくれてありがとう」と言われたら嬉しいものだ。

その上、それによって金銭的な報酬までもらえたら超嬉しい。Brainによって、「いいものを他の人におすすめする」という行為が加速されるかもしれない

3)サイトアフィリエイトの幅が広がる

これは、すごくワクワクする未来予測だ。一言で言えば、これまで無価値だったキーワードが金脈に変わるかもしれないのである。

どういうことか?

これまでは記事を書いて上位表示しても、せいぜいGoogle Adsenseでちょっとした報酬が得られるだけのキーワードが多かった。稼げるキーワードは限られていたのだ。

しかし、Brainに多種多様な商材がラインナップされていけば、これまでアフィリエイト商品に繋げられなかったキーワードが、そこへ繋げられるようになるのである。すなわち、ほぼゴミクズ同然だったキーワードが金の生る木に変わる

そうして、「稼げるキーワード」の裾のがBrainのおかげでググーンと広がっていくのである。

サイトアフィリエイターにとって、これは革命的な現象となるかもしれない。

Brainの未来予測|地獄バージョン

ワクワクするようなハッピーな予測をしたあとは、逆に地獄のような未来予想もお伝えしてみよう。

1)悪徳情報商材屋の狩場と化す

「楽に! だれでも! スキルなし経験なしで! すぐに稼げる!」

……みたいな甘い言葉で中身スカスカの悪徳情報商材を売り、情弱を狩る。Brainは、そんなプラットフォームになる危険性も孕んでいる。というか、リリースされて少しの間、この傾向はかなりあったようだ(今も?)。

販売者の審査がゆるい限りは、こういったリスクはつきまとう。現在、悪質なものは削除しているようだが、対策は常時していかなければいけない。

2)ダークなイメージに染まってしまう

リリースから数日、Brainはややマイナスイメージを背負ってしまった。今後、ダークなイメージが付着してしまうリスクはある。

noteは、情報商材自体のイメージを驚くほどクリーンなものに変えた。仕掛けたのが出版業界で有名な加藤貞顕氏だったのもあるし、堀江貴文氏、岩崎夏海氏、平野啓一郎氏といった著名人が数多く参加していることも、noteの権威性を担保している。

だが現在、Brainにそういった権威性はなく、プラットフォーム自体の信頼性がアップしないまま低空飛行、あるいは沈没してしまう危険はあるかもしれない。

3)規制が厳しくなり陳腐に

逆に、上記のようなリスクを回避するため、商品・販売者・アフィリエイターの審査を厳しくしたとする。そのために出品や登録に時間がかかるようになったり、紹介料率が下がったとする。

と、その行き着く先はinfotopとほとんど変わらないプラットフォームの姿だ。infotopが駄目ということではなく、Brainがそこを差別化できなくなり、注目度が下がってしまうということである。

そうなったら過疎化が進み、ほとんど省みられない寂しいプラットフォームになり果ててしまう未来もありうる。


Brainの未来について、誠に勝手ながら天国バージョンと地獄バージョンとでそれぞれ予測をしてみた。仕組み自体は非常に面白いので、このサービスが今後どう変化していくのか、楽しみである。

購入商品紹介:イケハヤさんのBrain攻略法について

ところで、私自身もBrainで商品を2つ買ってみた。

1つは1,000円ほどで、なかなかパンチの効いたタイトルの稼げる系商材。だがこれは内容が拍子抜けで、「ああ、その話ね」というレベルだったので紹介しない。

もう一つは最近YouTubeで伸びているイケハヤさんのこの商材。

【最短ルート】素人でもすぐに稼げる!Brain攻略法を解説(特典:期間限定オンラインサロン)

私は本日2月4日に購入して1,480円だった。たぶん、いまBrainでもっとも売れている商品だ。

内容はどこまで明かしていいか分からないので、ざっくりした紹介だけしておくと、

  • Brain特有の稼ぎ方が分かる
  • ネットビジネス業界の、いわゆる「波乗り」の仕方が分かる
  • インフルエンサー業=情報販売業の内実が分かる

といったところ。

値段は1,480円と、情報商材としては安価ながら、内容はかなり濃かった。

タイトルは「Brain攻略法」だが、中身としてはもっと広く、インフルエンサーとしての稼ぎ方解説になっている。単なるBrainでの情報販売とかアフィリエイトだけでなく、オンラインサロンの新たな活用方法、情報拡散をさせるコツ、古きよきステップメールによるDRM手法の再評価といったものまで紹介されている。

アフィリエイター、インフルエンサー、YouTuberなど、オンラインでの情報提供業をやっていてさらにビジネスを拡大したい人にとって、これだけの情報が1,480円は破格である。

あるいは、そういう稼ぎ方をするつもりはないが、

「イケハヤって結局どういう仕組みで稼いでるの?」
「インフルエンサーってどういう仕事なの?」

といった興味本位で買って読んでみるだけでも面白いので、損はしないはずである。

≫≫イケハヤさんのBrain攻略法の購入はこちらから

「情報商材」が怪しいと思われてしまう3つの理由

ところで、中にはBrainを訝しく感じている方もいるかもしれない。そもそも、情報商材という物自体に胡散臭さを覚えてる人もいるかも。

本質を言えば、情報商材自体は悪いものではないし、怪しむに足りない。本や雑誌、新聞だって情報商材だからだ。ただし、それでも怪しいと思われてしまうのにはこんな理由がある。

1)情報は無料だと思い込んでいるから

これはテレビとネットのせい、という部分が多いだろう。普段、私たちは情報を無料だと思い込まされている。

とりわけ、本も雑誌もほとんど買わないし、勉強や情報にお金を使っていない人はそう思い込む傾向があるだろう。実際にはテレビとネットで情報を得るときも、広告を見せられるというコストを払っているのだけれど。

無料の情報に慣れていると、有料の情報というものに違和感を覚えてしまうのかもしれない。

2)中身のない情報商材のイメージが強いから

情報商材といえば稼ぐ系で、「だれでもお金持ちになる方法」みたいなイメージが強い。

それでも、中身が有益なものであれば問題ないが、内容空虚なものも中にはある。そのイメージが強いと、情報商材=詐欺的だと思い込んでしまう。

参考:『闇金ウシジマくん』フリーエージェントくん篇

しかし、そういったものはごく一部で、大半の情報商材は中身があったり、そもそも稼ぐ系ではなかったりする。先ほど紹介したinfotopだって、剣道やゴルフの上達方法、英語学習法、行政書士や電験3種の合格術といったノウハウが売られている。

3)マーケットでの淘汰が甘い

形ある商品を購入するとき、私たちはあまり気づかないが、マーケットですでに厳選されたものを買っている。

コンビニで何気なく買っているお菓子1個、ジュース1本にしても、無数の商品からふるいにかけられた良質なものだけを買っているのだ。値段もマーケットの中で相応のところに落ち着いている。

だが、Brainも含め、情報商材はそこまでの淘汰にさらされていない。だから、変なものも多い。玉石混交なのだ。中には価格に釣り合わないもの、詐欺に近いグレーゾーンのものもあるだろう。

そこだけに目がいってしまうと、情報商材全体に悪いイメージが醸成されてしまう。


という具合に、情報商材に怪しいイメージが付着するのには必然性もある。が、本質的には書店にある本や新聞と変わらない。結局は商品次第である。

終わりに

Brainはだれもが情報販売でき、アフィリエイトもできる新しいサービスである。期待も大きい。

しかし、ややもすると地獄の未来もありうる。

  • 販売者の確認と出品する商品の審査
  • アフィリエイトする場合のフィルタリング
  • 報酬発生後の広告主審査

たとえばこういった対策は、スパム行為をさせないために取って欲しい。

そうして、だれもが有益な経験や知識、スキルを気軽に販売できるプラットフォームとして定着して欲しいものである。