この記事でお伝えしたいのは、ただこの一点。

YouTubeでも、キーワードを意識せよ! です。

いろんなYouTuberを見ていると、中にはこの「キーワードの概念」が欠けているせいですごく損をしている人がいるんです。

「ああ、ちょっとでもキーワードを意識してれば、再生数は桁違いに増えていただろうに」なんて、ときどき思う。

そこで今回は、曲がりなりにも登録者を2,500人まで増やした経験をもとに、駆け出しYouTuberが最低限守るべきYouTubeのSEO対策をお伝えします。

対策1)キーワードをタイトルと概要欄に入れる

一番大事なこと、それはキーワードを動画のタイトルと概要欄に入れることです。

「キーワード」とはアフィリエイトやSEO対策に関する専門用語で、意味は、「検索される単語」のこと。Google検索の検索窓とかに打ち込むワードのことを指します。

アフィリエイターやブロガーの世界ではキーワードが死ぬほど大事なのですが、YouTuberだとこの意識が乏しい方が多い。というか、ブログを経ずにYouTubeに来た人は、「キーワード」が専門用語であることにすら気づかないでしょう。

でも、やっぱりYouTubeでもキーワードは大事!

動画を作成するときは、できるだけ「このキーワードが検索されるだろう」とか「このキーワードで検索する人に見てもらおう」という意識を持ちましょう。特にノウハウ系やビジネス系の場合。

そういうキーワードが決まったら、必ず動画タイトルと概要欄に書いてください。

実例

以前、無印良品のシングルベッドのレビュー動画を作りましたが、その動画でもキーワードはしっかり意識しています。

”無印のベッドを買ったのでレビューします”

なんてのはダメ。実際にはこうしてます。

無印良品の脚付きマットレス(ポケットコイル・シングル)を買ったので、余すとこなく紹介します|Review the MUJI bed

「無印」ではなく「無印良品」と正式名称にしたり、「脚付きマットレス(ポケットコイル・シングル)」と細かい商品の属性まで書いています。こういったワードで検索される可能性もあるから。

おまけに、無印は外国でも人気なので、外国人向けに英語”MUJI”,”bed”も付け加えています。

対策2)ニッチなキーワードを探す

誰もが狙ってるキーワードを狙っても、他の人気チャンネルに埋もれてしまい、なかなか見てもらえません。

なので、チャンネルが小さいうちは、ニッチ=他の人が狙わない「隙間」を見つけるのも有効な戦略です。

ドドンと大きなキーワードだけを狙うのではなく、複数のキーワードを組み合わせたり、限定させたり、そういったやり方を試してみましょう。

実例

iPhoneXRを購入したとき、ただ単に「iPhoneXR」というキーワードを狙うことはしませんでした。ライバルが多いし、発売からけっこう経っていたので、新鮮味(トレンド要素)も薄れていましたから。

なので

”iPhoneXRに買い換えた!”

みたいな単純なものではなく、

iPhone6と比較! iPhoneXRの5つの満足ポイントと1つの弱点とは?

というタイトルにしました。つまり、「iPhoneXR」と「iPhone6」を複合させたわけです。

これなら、「iPhone6からiPhoneXRに買い換えようかな。どのくらい変わるのかな」と疑問に思ってるユーザーに響くでしょう。実際、そういう人が見てくれました。

ちょっとした工夫で、iPhoneのようなありふれた題材でも差別化することができます。

対策3)共起語・表記揺れを入れる

共起語(きょうきご)とは耳慣れない言葉でしょうが、これは、ある言葉といっしょに使われることが多い単語のこと。

「コーヒー」の共起語は、「淹れ方」とか「焙煎」とか。
「洗濯」の共起語は、「シャツ」とか「洗剤」とか。

また、表記揺れというのは同じ言葉の別の書き方です。

「ソフトバンク」の表記揺れは「SoftBank」です。
「ねこ」の表記揺れは「猫」とか「ネコ」とかです。

こういった共起語や表記揺れも、タイトルと概要欄になるべく入れていきましょう。無理にやる必要はないけど、入れておいて損はありません。

実例

本の紹介だったら、こう。

『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』の書評|日本社会の驚くべき変化も!

タイトルは英語とカタカナ、両方入れました。

それから、この動画は概要欄に著者名である「ハンス・ロスリング」も入れています。この著者名で検索上位になれたので、動画に来てくれた人もかなりいました。

対策4)タグは適当でOK

ここから2つはオマケみたいなもんです。

YouTube動画を投稿するとき、タグを入れるところがあります。ここにもキーワードを入れておきましょう。

たとえば、

ドコモのスマホ新料金プラン2019年版をやさしく解説! ……で、4割安くなったのか?

この動画であれば、タグはこちら。

これで検索にひっかかりやすくなったり、関連動画の表示に影響が出たりします。

ただし、タグの効果はどうやらかなり微弱らしく、そこまで意識しなくて大丈夫です。テキトーに5つ前後入れておけばいいでしょう。数十万登録あるYouTuberでも、ほとんど入力してない人もいます。

対策5)#ハッシュタグは3つ

ハッシュタグ(#〇〇)というのもあります。動画タイトルの上にあるやつです。

「#青文字」になってるやつ

上のタグとどう機能的に違いがあるのかはよくわかりません。

ハッシュタグは、概要欄に#付きで単語を書くと、自動的にそれがハッシュタグとして認識されます。

上限は15個のようですが、タイトル上に表示されるのは上の3つのみ。なので、3つだけ書いておけば十分でしょう。あんま意味なさそうだしいずれ機能自体消えそうな気がする。

終わりに

大前提として、YouTubeは動画のクオリティがいちばん大事です。それさえがんばれば、登録者数も再生数も伸びるでしょう。

しかし、ここに書いた簡単なSEO対策は、知ってると知ってないとではかなり集客力に違いが出てくる。特に、ほぼ再生されない初期段階では、キーワードを意識したタイトル付け・概要欄の作成がかなり重要になってきます。

せっかくいい動画を作っても、見てもらえないのは悲しいものです。ぜひ、ポイントを押さえて実践していってください。