「シリウスでペラサイトを量産してるけど、なかなかサイト作成スピードが上がらない」
「1サイト30分とかで作ってるって人もいるけど、いったいどうやってるの?」
「もっと効率よく作業する方法はないかしら?」

と、こんなお悩みを持っている方のため、ペラサイト量産で役に立つ時短・効率化のワザを6つご紹介します。

この記事を読んで実行することにより、あなたのサイト作成の効率とスピードは飛躍的にアップ!

「知らない人」との間に圧倒的な差がつき、面白いくらいスピーディーにペラサイトを作っていけるようになるでしょう。

1)よく使う単語を辞書登録

まずは、ペラサイトでよく使う単語を辞書登録しておくことをおすすめします。

「商標 〇〇」などのキーワードでペラサイトを作成していると、同じような単語を使うことが多くなります。となると、長めの単語をいちいちタイプするか一発変換するかは大きな違いとなってきます。

「ど」でスペースを押して「ドラッグストア」がすぐ出る。「h」と打ってすぐ「https://」と出る。これはやってみると想像以上に快適です。

やり方はこう。まずWindows右下の「A」とか「あ」とかなってる部分を右クリック。出てきたメニューから「ユーザー辞書ツール」を選びます。

ここをクリックすると、辞書登録ができます。たとえば、私の場合はこんな単語を登録しております。このまま真似してくださっても結構です。

「はいと」と「わいず」で変換されるタグは画像のサイズをHTMLで指定するときに使います。これも何気に便利です。

「HTMLって何?」という方は気にしなくて大丈夫です。他の普通の単語のみ登録してみてください。

2)シリウスの文字装飾を登録

これも似たような小ワザとなります。シリウスには「文字装飾ボタン」というものがあり、これは自分でカスタマイズできるので、よく使う文字装飾を登録しておきましょう。

設定の仕方は簡単。まずはシリウス左上にある「S」を右クリック。

すると、メニューが出てくるので、一番上の「文字装飾設定」を選びます。

すると、10個のボタンにそれぞれHTMLタグを入れられますので、自由に入れておきましょう。これも、いちいち自分で考えるのがめんどくさいという方は真似してくださって結構です。いえいえ、お代は1円もいただきません。

よく使う文字の色、サイズ、HTMLタグなどを入れておくと便利です。

5の「YouTube埋込」を活用するためにはスタイルシートというものをいじる必要があります。が、ここでは話が逸れるので割愛。使わなくても問題ありません。

3)クリボーで定型文を使い、コピペを高速化

これはすごいです。他の小ワザはどうでもいいので、これだけはぜひ、使っていただきたい。

クリボーを使うかどうかで、サイト作成スピードはだいぶ変わってくると思います。クリボー(Clibor)は無料の入力補助ツールでして、その機能は主に3つ。

  • コピーしたテキストを何十個も保存しておき、呼び出せる
  • 定型文を登録しておき、すぐ呼び出せる
  • FIFOモードで連続コピペが可能

普通、Ctrl+Cでコピーしたテキストは1つしか保存されません。しかし、クリボーを入れておけば何十個も保存できます。しかも、Ctrlを2回連打ですぐ呼び出せる。

また、定型文も登録しておき、すぐ呼び出すことができます。たとえば「記事のひな形」であったり、引用タグやら店舗情報を書くときのテンプレート。長いものも登録できて便利。

「キーワードごとに記事テンプレートを作っちゃおう」なんてお考えの方は、ここに登録すると使いやすいでしょう。

このクリボー、どこにあるかというと右下の部分です。ここにちっちゃく収まっています。

これを右クリックすることで、さまざまな設定ができます。定型文を入れるなら、「定型文の編集」を選びます。

私の場合、MacにParallels DesktopというソフトでWindowsを入れているためか、やけにクリボーの設定画面が小さくなってしまっています。けど、普通にWindowsマシンを使ってる方ならもっと見やすい画面が出るはずです。

次に、FIFOモードですが、これは連続コピペができる優れもの。超、優れもの。

1つ1つテキストをコピーしてペーストしていくんじゃなく、連続してコピーしてから、連続してその順番でペーストができるのです。

Aをコピー → Aをペースト
Bをコピー → Bをペースト
Cをコピー → Cをペースト
Dをコピー → Dをペースト

とチマチマやっていたのが……

A,B,C,Dをコピー → A,B,C,Dをペースト

と、一気にやれるようなイメージ。

Ctrl+Shift+Hキーを同時に押すことでこのFIFOモードが発動し、たとえばメモ帳からシリウスのサイト情報をいろいろ入れるときや、ASPでサイト登録をするときなどに威力を発揮します。

クリボーはこちら(窓の社)から無料でダウンロードすることができます。

4)テーブル・タグ・ジェネレーター

シリウスにもテーブルを作るための機能はあるのですが、テンプレートが限られており、自由度が低い。

そこで、このウェブサイト上のツール、テーブル・タグ・ジェネレーターを使うと便利です。

行と列は自由に指定でき、自由に表を作ることができます。

作ったら左下の部分にHTMLが表示されるので、その中の<tbody>から</tbody>までをコピー。つまり、一番上の<table>と一番下の</table>は除外して、それ以外をコピー。

そしたら、次のタグで囲んでシリウスに入れます。

<!– ★テーブルタグここから★ –>
<table class=”dsc1item” cellspacing=”1″>
(ここにコピーしたものをペースト)
</table>
<!– ★テーブルタグここまで★ –>

これでOKです。

5)シリウスにドラッグで画像を入れる

シリウスに画像を入れるとき、いちいちファイルを指定せずとも、デスクトップからマウスでドラッグ&ドロップするだけで入れることができます。

これも知ってると知ってないとではかなり作業効率が変わってくる小ワザです。

画像サイズはあらかじめペイントなどで調整しておくか、もしくはシリウスの画像選択で右クリックし、リサイズ(サイズ変更)をしましょう。

6)アップロード先ドメインの選び方

シリウスで何百とサイトを作っていくと、地味にめんどくさいのがアップロード先のURLを探すことです。

日本語ドメインでやった場合、みんなxn--で始まる暗号のようになるので、余計に探しづらい。

そんなとき、サーバー情報の画面で「更新日時」を押すと、新しく変更を加えた(登録した)ドメインが上の方に表示されるので、かなり見つけやすくなります。もう、目を皿のようにして暗号のような文字列を探しまくる必要はありません。

まとめ

以上、主にシリウスでペラサイト量産をするときに便利な小ワザ・無料ツールをご紹介しました。

とにかく、ペラサイトで稼ぐなら数が命です。一にも二にも量産です。これらのやり方を取り入れて、1サイトの作成時間を3時間から1時間に、1時間から30分にと短縮していってください。